食欲不振 42件

1/5ページ

小頭症(しょうとうしょう)

主な症状 頭が極端に小さい、発達障害、発育障害 その他の症状 けいれん発作が起きやすい、食欲不振 説明 遺伝や胎児のウィルス感染などにより、小頭症と呼ばれる先天性の異常が現れることがある。頭が通常より極端に小さく、脳の発育が不十分なため、知的発育や身体的発育に影響が及ぶ。 予防のために 小頭症との関連性が強く疑われるウィルス感染症の一つがジカ熱で、妊娠中のジカウィルス感染は危険性が高いため、妊娠の […]

ジカ熱(じかねつ)

主な症状 軽度の発熱、目の充血、筋肉痛、関節痛、頭痛、発疹、目の奥の痛み その他の症状 下痢、腹痛、嘔吐、便秘、食欲不振 ジカ熱とは ジカ熱は、主に蚊に刺され、ウィルスに感染する事によって起こる。ジカ熱は、症状が軽いため気付きにくいことも多い。ジカウィルスに感染しても症状が全く出ないことも多い。 ジカ熱の怖さ ①胎児に先天性の異常が及ぶ危険 妊娠中にジカウィルスに感染すると、胎児に小頭症と呼ばれる […]

高カルシウム血症(こうかるしうむけっしょう)

主な症状 脱水症状,嘔吐,吐き気,食欲不振,便秘,不整脈,腹痛,全身倦怠感,意識障害 説明 血液中のカルシウム濃度が正常値よりも異常に高い値の状態のこと。ビタミンやカルシウムの過剰摂取、悪性腫瘍、甲状腺機能亢進症などが原因となって、カルシウム濃度が高くなる。 予防法・対処法・治療法 水分を補給する。原因となっている病気を治療する。カルシウム濃度を低下させる薬物をする。 受診科 一般内科・内分泌代謝 […]

慢性腎盂腎炎(まんせいじんうじんえん)

主な症状 発熱,悪寒,腰痛,全身倦怠感,食欲不振 説明 急性腎盂腎炎が慢性化した病気である。再発を繰り返したり、長期間治療を行わないことなどが慢性化の原因となる。自覚症状がない場合もある。 予防法・対処法・治療法 症状に応じた薬物を使用して治療を行う。 受診科 一般内科・腎臓内科・泌尿器科・小児科 一人完結型! アコギ・フレーズレシピ 奏法革命を起こす3STEPトレーニング! [CD付] (202 […]

脂肪肝(しぼうかん)

主な症状 無症状(自覚症状がない),倦怠感,腹部膨満,食欲不振 説明 アルコールを多く飲み続けていると、肝細胞の中に脂肪が蓄積して腫れてしまい、肝臓の機能に障害が発生してしまうもの。 予防法・対処法・治療法 アルコールを避け、栄養バランスの良い食事をする。 受診科 一般内科・消化器内科・肝臓科 Amazonギフト券(Eメールタイプ) テキストメッセージにも送信可  (9346) (202 […]

尿崩症(にょうほうしょう)

主な症状 皮膚や粘膜が乾燥する,全身倦怠感,食欲不振,頭痛 説明 抗利尿ホルモンの分泌が低下することにより、腎臓から水分を必要以上に排泄してしまい、多尿になる病気。他の病気が原因となって発病したり、遺伝性のもの や原因不明のものがある。主な症状は、水分補給してもすぐに尿となって排泄してしまうため、喉の渇きが治まりにくいことである。 予防法・対処法・治療法 抗利尿ホルモン剤である酢酸デスモプレシンを […]

感染性心内膜炎(かんせんせいしんないまくえん)

主な症状 発熱(微熱,高熱),動悸,息切れ,関節痛,食欲がなくなる 説明 心臓の内側をおおっている心内膜や弁膜に細菌や真菌が侵入して起こる感染症。症状では発熱が特徴的だが、微熱から高熱まで出る。心内膜炎は心臓病にかかっている人に発病しやすい。 予防法・対処法・治療法 入院をして、抗生物質を中心とした治療を行う。重症の場合は手術をすることもある。 受診科 一般内科・循環器内科 Chicken Tho […]

神経芽細胞腫(しんけいがさいぼうしゅ)

主な症状 発熱,食欲不振 説明 神経細胞に発生するがんを神経芽細胞腫と言い、幼児に発病する病気である。症状はがんのできる部位によって様々である。転移性が高いのが特徴である。 予防法・対処法・治療法 手術療法、化学療法、放射線療法によって治療を行う。 受診科 小児科 Chicken Thoughts: Comics About Birds (2020年9月26日 以降 - 追加情報商品価格と取扱状況 […]

アルコール性肝炎(あるこーるせいかんえん)

主な症状 倦怠感,腹部膨満,食欲不振,発熱,体重減少,腹痛,吐き気,嘔吐,下痢,黄疸,意識障害 説明 肝細胞が壊れて、肝臓に炎症が起きてしまうもの。禁酒により状態が良くなることもある。 予防法・対処法・治療法 食事療法や精神療法にて治療を行う。禁酒のためにアルコール依存の治療も行う。 受診科 一般内科・消化器内科・肝臓科 一人完結型! アコギ・フレーズレシピ 奏法革命を起こす3STEPトレーニング […]

副甲状腺機能亢進症(ふくこうじょうせんきのうこうしんしょう)

主な症状 喉の渇き,食欲不振,腹痛,吐き気,便秘,体重減少,意識障害 説明 副甲状腺ホルモンの分泌が活発になり、血液中のカルシウムが多くなる病気。軽症の場合はカルシウム濃度がやや高くなるだけで、他の異常はみられない。重症の場合は生命に関わる場合があるので注意が必要である。 予防法・対処法・治療法 無症状の場合は治療を行わないことがほとんどだが、症状がある場合はその症状に応じた手術の必要がある。 受 […]

1 5