紅斑 19件

1/2ページ

伝染性紅斑(でんせんせいこうはん)

主な症状 発疹,発熱,頭痛,咳,筋肉痛,全身倦怠感 説明 主に顔などに赤い腫れが生じる病気である。頬がりんごのように赤く腫れるのが特徴なので、「りんご病」とも呼ばれている。主な症状は発疹だが、発疹以外の症状も稀に見られる。 予防法・対処法・治療法 発疹が特徴的なのですぐに診断できる。主な治療法としては、かゆみ止めを使用することである。 受診科 皮膚科・小児科 【Amazon.co.jp限定】FIN […]

結節性紅斑(けっせつせいこうはん)

主な症状 赤いしこりができる,発熱,倦怠感 説明 血管に炎症が起きる病気であり、足に硬くて赤いしこりができる。このしこりには痛みや熱を伴う。 予防法・対処法・治療法 安静にして足を休めれば自然治癒する。痛みなどの症状が強い場合には、消炎鎮痛剤や副腎皮質ホルモン剤などを使用する。 受診科 皮膚科 Fire TV Stick - Alexa対応音声認識リモコン付属  (88737) (202 […]

多形滲出性紅斑(たけいしんしゅつせいこうはん)

主な症状 紅斑,かゆみ,発熱,頭痛,全身倦怠感,関節痛 説明 皮膚に紅斑が現れる病気。主に手や足に症状が出る。原因は細菌、薬物、食物によるアレルギーなどである。春と秋に多く発症しやすく、男性よりも女性に多く見られる病気である。 予防法・対処法・治療法 副腎皮質ホルモン剤を使用し、治療を行う。症状が重ければ、入院を必要とする場合がある。 受診科 一般内科・皮膚科 EXIT NYLON SUPER V […]

老人性血管腫(ろうじんせいけっかんしゅ)

主な症状 紅斑、赤いあざ、皮膚にできる赤い水泡状のふくらみ 説明 加齢に伴い、1~5mm程度のほくろ状の赤い斑点ができることがある。 毛細血管が広がり、異常に増殖することが原因。 老人性と名付けられているが、20代など若年でも起こりうる。 背中、顔、胸などに好発する。 痛みは特にない。 主な原因は紫外線や摩擦による刺激である。 放置しても悪化するものではないが、気になる場合は治療により老人性血管腫 […]

いちご状血管腫(いちごじょうけっかんしゅ)

主な症状 紅斑,赤いあざ 説明 生まれてすぐにできる赤いあざの事である。原因は血管の異常な増殖である。 予防法・対処法・治療法 薬物療法や外科的療法があるが、七歳頃までには自然に治る場合が多い。 受診科 皮膚科・形成外科・美容外科 開運に結びつく神様のおふだ─ 神社別おふだのごりやく (2020年7月10日 以降 - 追加情報商品価格と取扱状況は記載された日時の時点で正確で、また常に変動します。A […]

リウマチ熱(りうまちねつ)

主な症状 発熱,喉の痛み,動悸,関節痛,紅斑,皮下結節,呼吸困難 説明 溶血性連鎖球菌が原因となり、心内膜や心外膜に炎症が起きる病気。最近は以前に比べ生活が豊かになったため、あまりみられない病気である。子供に発病しやすい。 予防法・対処法・治療法 入院が必要。主な治療法としてはペニシリンを含む抗生物質の投与。 受診科 一般内科・循環器内科・小児科 CDでーた2020 上[KA-MI] (カドカワエ […]

サーモンパッチ(さーもんぱっち)

主な症状 紅斑 説明 生まれつきに見られる紅斑の事である。眉間やまぶたにできるものをサーモンパッチと言う。 予防法・対処法・治療法 サーモンパッチは二歳前後に自然に消えるので、治療の必要はない。 受診科 皮膚科・形成外科・美容外科 リングフィット アドベンチャー -Switch  (3805) (2020年7月10日 以降 - 追加情報商品価格と取扱状況は記載された日時の時点で正確で、ま […]

皮膚筋炎(ひふきんえん)

主な症状 発熱,関節痛,全身倦怠感,レイノー現象(手足が白くなる),筋肉痛,筋力低下,歩行困難,呼吸困難,息切れ,不整脈 説明 多発性筋炎に皮膚症状が伴うものである。眼や手に紅斑が現れてくる。膠原病は女性に多いが、皮膚筋炎も女性に発病しやすい。 予防法・対処法・治療法 薬物療法を行う。発症時には筋肉に負担をかけないようにする。 受診科 一般内科・膠原病科・アレルギー科 【PS4】Ghost of […]

ウンナ母斑(うんなぼはん)

主な症状 紅斑 説明 生まれつきに見られる紅斑の事である。うなじにできるものをウンナ母斑と言う。 予防法・対処法・治療法 ウンナ母斑は次第に消えていく場合と消えない場合がある。 受診科 皮膚科・形成外科・美容外科 TENGEE プレゼント 誕生日プレゼント 人気 【ギフトラッピング済】インテリア 間接照明 LED 15分砂時計 USB充電式 13色切替 明るさ調節可能 リモコン付き カウントダウン […]

湿疹(しっしん)・皮膚炎(ひふえん)

主な症状 紅斑,水ぶくれ,かゆみ,皮疹 説明 皮膚がかぶれて炎症が起こる病気。原因には外部からの刺激や遺伝的なものなどがある。湿疹も皮膚炎も呼び方が違うだけで、病気としての特別な区別はない。 予防法・対処法・治療法 副腎皮質ホルモン剤などの薬剤を使用して治療を行う。 受診科 皮膚科 滝沢歌舞伎ZERO (Blu-ray通常盤) (初回仕様)  (4) (2020年7月10日 以降 - 追 […]