筋肉痛 12件

1/2ページ

デング熱(でんぐねつ)

主な症状 発熱、激しい頭痛、激しい関節痛、筋肉痛 説明 デング熱は、蚊に刺されることで感染するウィルス性の感染症。38〜40℃の高熱、激しい頭痛や激しい関節痛などの症状が現れることが多い。 複数回の感染により、重症化に至る場合がある。重傷例をデング出血熱・デングショック症候群と呼ぶ。 予防法 日本国内でもデング熱の感染は起きており、蚊の多い場所(公園など)に出かける際は、虫除けスプレーを利用する・ […]

ジカ熱(じかねつ)

主な症状 軽度の発熱、目の充血、筋肉痛、関節痛、頭痛、発疹、目の奥の痛み その他の症状 下痢、腹痛、嘔吐、便秘、食欲不振 ジカ熱とは ジカ熱は、主に蚊に刺され、ウィルスに感染する事によって起こる。ジカ熱は、症状が軽いため気付きにくいことも多い。ジカウィルスに感染しても症状が全く出ないことも多い。 ジカ熱の怖さ ①胎児に先天性の異常が及ぶ危険 妊娠中にジカウィルスに感染すると、胎児に小頭症と呼ばれる […]

インフルエンザ(いんふるえんざ)

説明 インフルエンザウイルスにはA型、B型、C型の3種類がある。A型は流行しやすい。B型はあまり症状が強くないため、それほど問題視されていない。C型はあまり流行はみられない。インフルエンザは通常のかぜより症状が強く出る。高熱や全身症状が特徴。 予防法・対処法・治療法 インフルエンザにかかっていない場合は、インフルエンザにかかっている人に近づかないこと。かかってしまった場合の治療法は、基本的には普通 […]

心筋炎(しんきんえん)

主な症状 発熱,喉の痛み,頭痛,胸痛,動悸,呼吸困難,不整脈,失神,筋肉痛 説明 心臓の筋肉(心筋)に炎症が起きて、心臓の機能が低下する病気。症状が軽い場合と重い場合がある。軽い場合は自然治癒してしまうほどだが、重い場合は生命に関わる危険な状態に陥ることがある。 予防法・対処法・治療法 安静にする。栄養を摂取する。治療後も医師による病気経過の観察が重要。 受診科 一般内科・循環器内科 【メーカー特 […]

多発性筋炎(たはつせいきんえん)

主な症状 筋肉痛,筋力低下,歩行困難,呼吸困難,息切れ,不整脈 説明 筋肉に炎症が起こり、筋力が低下する病気。筋肉に力が入らなくなり、基本的な動作をするのすら難しくなる。原因は不明だが、他の病気や免疫異常が原因ではないかと考えられている。 予防法・対処法・治療法 医師の指示を受け薬剤を使用し、筋力低下に対してはリハビリテーションの必要がある。発症時には筋肉に負担をかけないようにする。 受診科 一般 […]

伝染性単核症(でんせんせいたんかくしょう)

主な症状 全身倦怠感,発熱,悪感,頭痛,食欲不振,筋肉痛,発疹 説明 リンパ節が腫れる感染症である。原因はEBウイルスによって起こることがほとんどである。感染後は大体一カ月以上の潜伏期間の後に症状が現れ始める。最初は首のまわりのリンパ節から腫れ始める。 予防法・対処法・治療法 安静にしていれば症状が良くなる。ひどい場合には薬物療法を行う。 受診科 一般内科・小児科 ヴァイオレット・エヴァーガーデン […]

亜急性甲状腺炎(あきゅうせいこうじょうせんえん)

主な症状 発熱,発汗,動悸,息切れ,全身倦怠感,筋肉痛,甲状腺が腫れる 説明 甲状腺にウイルス性の感染が起き、大量の甲状腺ホルモンが血液中に流れ込み、甲状腺機能亢進症を起こすものである。甲状腺が腫れて痛み出すが、この痛みの部位が首周辺を移動するのが特徴である。 予防法・対処法・治療法 症状が軽ければ、自然治癒する。重症の場合は薬物療法を行う。規則正しい生活と食生活に気を配る。 受診科 一般内科・内 […]

皮膚筋炎(ひふきんえん)

主な症状 発熱,関節痛,全身倦怠感,レイノー現象(手足が白くなる),筋肉痛,筋力低下,歩行困難,呼吸困難,息切れ,不整脈 説明 多発性筋炎に皮膚症状が伴うものである。眼や手に紅斑が現れてくる。膠原病は女性に多いが、皮膚筋炎も女性に発病しやすい。 予防法・対処法・治療法 薬物療法を行う。発症時には筋肉に負担をかけないようにする。 受診科 一般内科・膠原病科・アレルギー科 Apple AirPods […]

オウム病(おうむびょう)

主な症状 発熱,咳,痰,頭痛,全身倦怠感,筋肉痛,腹痛,嘔吐,下痢 説明 オウムやインコなどの鳥の持つクラミジアが人に感染して起こる病気。何らかの原因で人がクラミジアを吸収してしまうことにより感染する。主に消化器や循環器に症状が現れる。 予防法・対処法・治療法 抗生物質を用いた治療を行う。 受診科 一般内科・呼吸器内科 Chicken Thoughts: Comics About Birds (2 […]

ツツガムシ病(つつがむしびょう)

主な症状 発熱,寒気,頭痛,筋肉痛,目の充血,発疹,リンパ節が腫れる 説明 野ネズミに寄生するツツガムシに刺されることにより感染する。夏に発生する風土病として知られていたが、近年では秋から冬にかけて発生するようになってきている。農薬などの使用禁止によって、野ネズミが増加し、この病気も増加の傾向にある。 予防法・対処法・治療法 テトラサイクリンなどの抗生物質を使用する。 受診科 一般内科・感染症科 […]