発疹 38件

1/4ページ

デング熱(でんぐねつ)

主な症状 発熱、激しい頭痛、激しい関節痛、筋肉痛 説明 デング熱は、蚊に刺されることで感染するウィルス性の感染症。38〜40℃の高熱、激しい頭痛や激しい関節痛などの症状が現れることが多い。 複数回の感染により、重症化に至る場合がある。重傷例をデング出血熱・デングショック症候群と呼ぶ。 予防法 日本国内でもデング熱の感染は起きており、蚊の多い場所(公園など)に出かける際は、虫除けスプレーを利用する・ […]

ジカ熱(じかねつ)

主な症状 軽度の発熱、目の充血、筋肉痛、関節痛、頭痛、発疹、目の奥の痛み その他の症状 下痢、腹痛、嘔吐、便秘、食欲不振 ジカ熱とは ジカ熱は、主に蚊に刺され、ウィルスに感染する事によって起こる。ジカ熱は、症状が軽いため気付きにくいことも多い。ジカウィルスに感染しても症状が全く出ないことも多い。 ジカ熱の怖さ ①胎児に先天性の異常が及ぶ危険 妊娠中にジカウィルスに感染すると、胎児に小頭症と呼ばれる […]

口唇ヘルペス(こうしんへるぺす)

主な症状 くちびるに水泡(水ぶくれ)ができる 説明 単純ヘルペスウイルスが感染することによってできる発疹をヘルペスという。特に唇(くちびる)に水ぶくれができる場合を口唇ヘルペスと呼ぶ。 予防法 疲れやストレスがきっかけとなり、口唇ヘルペスが現れることも多い。日頃から規則正しい生活を心がけることが予防になる。 対処法・治療法 口唇ヘルペスの場合は、抗ウイルス薬の軟膏を塗ることにより治療することが多い […]

ヘルペス(へるぺす)

主な症状 水ぶくれ,発熱,頭痛,咽頭痛,リンパ節が腫れる 説明 単純ヘルペスウイルスが感染することによってできる発疹をヘルペスという。特に口唇や粘膜には水ぶくれができやすい。単純ヘルペスウイルスに感染しても症状が出ない人も多い。 予防法・対処法・治療法 抗生物質や抗ウイルス剤を使用して、治療を行う。疲れやストレスが症状を悪化させるので、規則正しい生活を心がける。 受診科 皮膚科・婦人科・泌尿器科 […]

毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)

主な症状 皮疹,丘疹,皮膚が角化する 説明 腕の部分の皮膚が角化する病気。通常はかゆみを伴わない場合が多く、皮膚が硬くなってザラザラするのが特徴である。原因は遺伝によるものだと考えられている。肥満体質の若い女性に多く見られる病気である。 予防法・対処法・治療法 硬くなった肌を柔らかくするための薬を使用する。かゆみがある場合は、副腎皮質ホルモン剤を使用する。 受診科 皮膚科 This is 嵐 (初 […]

薬疹(やくしん)

主な症状 皮疹,紅斑,丘疹,水疱,蕁麻疹,血尿 説明 薬物によるアレルギー反応のことを薬疹という。内服や注射など方法は問わず、体に薬が入ることで発症する。症状で血尿が出た場合、生命に関わることがあるので、薬疹の症状が出たらすぐに受診する。 予防法・対処法・治療法 現在服用中の薬剤の使用を中止する。治療には副腎皮質ホルモン剤を使用する。症状がひどい場合には、入院をして治療を受ける必要がある。 受診科 […]

梅毒(ばいどく)

主な症状 潰瘍ができる,発熱,全身倦怠感,リンパ節の腫れ,発疹,顔など全身にこぶができる,知能低下,性格障害,歩行障害 説明 梅毒トレポネーマという病原体が、感染する病気。この病原体は皮膚や粘膜の病変部に生息する。妊婦が感染していると、胎児も感染してしまい、死産や早産の可能性もある。 予防法・対処法・治療法 ペニシリンを使用する。アレルギーがある場合にはテトラサイクリンなどの抗生物質を使用する。 […]

ビダール苔癬(びだーるたいせん)

主な症状 皮疹,発疹 説明 かゆみを伴う赤い皮疹が現れて、次第に皮膚が盛り上がって硬くなる病気。主に中年女性に発病しやすく、うなじに皮疹が現れやすい。かゆみが激しいのが特徴である。 予防法・対処法・治療法 副腎皮質ホルモン剤や抗ヒスタミン剤を使用し、治療を行う。 受診科 皮膚科 This is 嵐 (初回限定盤) (Blu-ray Disc付) (2020年9月26日 以降 - 追加情報商品価格と […]

薬物性肝障害(やくぶつせいかんしょうがい)

主な症状 無症状(自覚症状がない),発熱,発疹,皮膚のかゆみ,吐き気,食欲不振,黄疸 説明 身体に入った医薬品や化学物質が肝臓に障害を引き起こす病気。アレルギー体質の人や高齢の女性に多く見られる病気である。肝障害を起こす可能性のある薬を服用した際には、その後の体調に気をつけることが大切。 予防法・対処法・治療法 原因となる薬物の服用を止める。予後は薬物の服用をする際には、医師に相談する。 受診科 […]

凍傷(とうしょう)

主な症状 皮膚の腫れ,皮疹 説明 強い寒冷により、皮膚に障害が現れるものを凍傷と言う。手、足、鼻、耳に症状が現れやすい。 予防法・対処法・治療法 血行を良くして、痛みには鎮痛剤を用いる。皮膚の状態が悪い場合は、手術を行うこともある。 受診科 皮膚科・一般外科 ARASHI Anniversary Tour 5×20(Blu-ray)(初回仕様)  (6) (2020年9月26日 以降 - […]

1 4