倦怠感 52件

1/6ページ

仮面うつ病(かめんうつびょう)

主な症状 頭重感、胃部不快感、肩こり、めまい、食欲低下、倦怠感、体重減少 説明 仮面うつ病とは、うつ病の身体症状が強く押し出た状態。 頭重感、胃部不快感、肩こり、めまい、身体がだるい、食欲の減退、などの身体的症状などが中心にあらわれる。身体症状が併存することが多い。 原因 退職や子供の結婚などの環境の急激な変化、そして親しい人や可愛がっていたペットの死去、失恋などの喪失体験、対人関係などの持続する […]

破傷風(はしょうふう)

主な症状 けいれん,首が張る,全身倦怠感,不眠,発熱,呼吸困難 説明 破傷風菌は土の中に存在し、傷口から破傷風菌が入り込んで末梢神経や脊髄などを侵す病気。傷口が治っても破傷風菌は潜伏し、毒素を生産し続けながら増殖する。感染者の約半数が死亡する危険な病気である。 予防法・対処法・治療法 血清注射をする。破傷風菌には抗生物質が効果的である。予防法として、破傷風の予防接種がある。 受診科 一般内科・小児 […]

急性気管支炎(きゅうせいきかんしえん)

主な症状 咳、発熱 説明 普通の風邪と同じように咳と発熱といった症状が出る。悪化すると肺炎や呼吸困難になる場合があるため、要注意。咳や発熱以外の症状では、鼻水、鼻づまり、喉の痛み、頭痛、倦怠感、声が枯れる、等がある。薬は解熱剤、去痰剤、鎮咳剤を用いる。 予防法・対処法 症状が出始めたら水分、栄養を十分に取り、安静にすることが重要。喫煙の習慣がある方は禁煙を心がけることもより良い治療につながる。 受 […]

糖尿病性昏睡(とうにょうびょうせいこんすい)

主な症状 腹痛,嘔吐,頻尿,多尿,食欲亢進,体重減少,全身倦怠感,喉の渇き,頭痛,吐き気,意識障害 説明 糖尿病性昏睡とは、糖尿病が進行して意識を失ってしまう状態である。インスリン注射をしなかったり、ストレス等が原因によって、インスリンが不足してしまう。これにより、脱水状態になると共に昏睡に陥る。生命に関わるため、早急に対処が必要。 予防法・対処法・治療法 この病気は危険な状態であるため、早急にイ […]

梅毒(ばいどく)

主な症状 潰瘍ができる,発熱,全身倦怠感,リンパ節の腫れ,発疹,顔など全身にこぶができる,知能低下,性格障害,歩行障害 説明 梅毒トレポネーマという病原体が、感染する病気。この病原体は皮膚や粘膜の病変部に生息する。妊婦が感染していると、胎児も感染してしまい、死産や早産の可能性もある。 予防法・対処法・治療法 ペニシリンを使用する。アレルギーがある場合にはテトラサイクリンなどの抗生物質を使用する。 […]

アルコール性肝炎(あるこーるせいかんえん)

主な症状 倦怠感,腹部膨満,食欲不振,発熱,体重減少,腹痛,吐き気,嘔吐,下痢,黄疸,意識障害 説明 肝細胞が壊れて、肝臓に炎症が起きてしまうもの。禁酒により状態が良くなることもある。 予防法・対処法・治療法 食事療法や精神療法にて治療を行う。禁酒のためにアルコール依存の治療も行う。 受診科 一般内科・消化器内科・肝臓科 Nintendo Switch 本体 (ニンテンドースイッチ) Joy-Co […]

急性腎不全(きゅうせいじんふぜん)

主な症状 乏尿,無尿,むくみ,食欲不振,吐き気,嘔吐,全身倦怠感,呼吸困難 説明 腎臓の機能が急激に低下する病気である。原因となっている部位によって、腎前性(血液、血流の異常)、腎性(腎臓の異常)、腎後性(尿路の異常)の三種類に分けられる。 予防法・対処法・治療法 原因を発見して、その原因に合った治療を行う。たんぱく質や食塩を制限する食事療法を行う。 受診科 一般内科・腎臓内科・泌尿器科・小児科 […]

高カルシウム血症(こうかるしうむけっしょう)

主な症状 脱水症状,嘔吐,吐き気,食欲不振,便秘,不整脈,腹痛,全身倦怠感,意識障害 説明 血液中のカルシウム濃度が正常値よりも異常に高い値の状態のこと。ビタミンやカルシウムの過剰摂取、悪性腫瘍、甲状腺機能亢進症などが原因となって、カルシウム濃度が高くなる。 予防法・対処法・治療法 水分を補給する。原因となっている病気を治療する。カルシウム濃度を低下させる薬物をする。 受診科 一般内科・内分泌代謝 […]

ボツリヌス菌食中毒(ぼつりぬすきんしょくちゅうどく)

主な症状 全身倦怠感,悪心,嘔吐,吐き気,腹痛,下痢,視力障害,発声障害,神経障害,呼吸困難 説明 ボツリヌス菌を保菌した食品を食べることにより感染する。食中毒の中での発生頻度は最も低いが、最も危険なものである。症状では視力障害や発声障害などの神経障害が特徴である。 予防法・対処法・治療法 抗毒素血清を注射して毒素を中和する。 受診科 一般内科・消化器内科・感染症科・小児科 Last Mermai […]

肝膿瘍(かんのうよう)

主な症状 発熱,腹痛,倦怠感,食欲不振,黄疸 説明 肝臓に膿がたまる病気。大半は大腸菌や腸球菌などによる、細菌感染が原因となって発病する。特徴的な症状としては、右上腹部を押すと痛みが感じられたり、なにもしなくてもその部分の痛みを感じること。高齢者や病人に発病しやすい。 予防法・対処法・治療法 薬物療法にて治療をする。原因となる病気があれば、その病気の治療に専念する。症状によっては手術を必要とする場 […]

1 6