むくみ 14件

1/2ページ

急性糸球体腎炎(きゅうせいしきゅうたいじんえん)

主な症状 顔・手足のむくみ、尿が出にくい、蛋白尿、血尿、高血圧 説明 ウィルスや細菌などによる感染症が原因で、糸球体(腎臓のろ過装置)に炎症を起こした状態です。感染が治癒すると腎炎も治ります。 糸球体は血液をろ過し、尿をつくる組織です。炎症が起き、正常に働かなくなると、尿をつくるのが難しくなります。 その結果、不要な水分が体にたまり、顔や手足がむくんできます。 傷ついた糸球体から、普通は尿に出ない […]

慢性腎不全(まんせいじんふぜん)

主な症状 多尿,頭痛,吐き気,嘔吐,全身倦怠感,むくみ,食欲不振,昏睡 説明 腎臓の機能が長期間に渡って低下していく病気である。原因は慢性腎炎、糖尿病性腎症、腎硬化症などの他の腎臓の病気である。症状が悪化すると尿毒症に進行する。 予防法・対処法・治療法 たんぱく質や食塩を制限する食事療法を行う。薬物療法や透析療法もある。 受診科 一般内科・腎臓内科・泌尿器科・小児科 クイックルワイパー ブラックカ […]

クインケ浮腫(くいんけふしゅ)

主な症状 むくみ,嘔吐,腹痛,下痢,呼吸困難 説明 血管神経の異常から毛細血管の透過性が高まることにより、毛細血管からもれる液が増えて、組織の間に溜まり、むくみを形成する病気。身体の色々な場所にむ くみが出る。胃にむくみができた場合に嘔吐や腹痛や下痢などの症状が現れ、のどの粘膜にむくみができた場合に呼吸困難を起こす可能性がある。 予防法・対処法・治療法 治療法として、自律神経を調整する変調療法やア […]

尿毒症(にょうどくしょう)

主な症状 乏尿,無尿,むくみ,下痢,便秘,食欲不振,呼吸困難,皮膚のかゆみ,頭痛,視力低下 説明 腎臓の機能が大幅に低下して、老廃物が体内に溜まる病気である。急性腎不全や慢性腎不全が悪化して発病する。様々な全身症状が特徴である。 予防法・対処法・治療法 たんぱく質や食塩を制限する食事療法を行う。薬物療法や透析療法もある。 受診科 腎臓内科・泌尿器科・小児科 ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 […]

高血圧性脳症(こうけつあつせいのうしょう)

主な症状 頭痛,吐き気,嘔吐,意識障害,けいれん,視力障害 説明 急激に血圧が上がって、脳圧も上がって脳にむくみができる病気。血圧が上がる原因は、他の病気や心臓や腎臓に障害が起きたなどが考えられる。特徴的な症状である頭痛は、頭全体に起こる場合が多い。さらに痛みは顔全体にまで及ぶ事がある。 予防法・対処法・治療法 入院が必要となる。血圧を下げる治療を行い、原因となっている病気の治療をする。予防法は元 […]

ループス腎炎(るーぷすじんえん)

主な症状 発熱,全身倦怠感,たんぱく尿,血尿,むくみ 説明 全身性エリテマトーデスが原因となって、腎臓に炎症が起きる病気である。全身性エリテマトーデスが原因でできる抗原抗体の複合物が、腎臓の糸球体に付いて炎症が起こる。 予防法・対処法・治療法 副腎皮質ホルモン剤や免疫抑制剤などによる薬物療法を行う。 受診科 腎臓内科・小児科 運気が上がる! パワースポットカレンダーBOOK 2021 (扶桑社ムッ […]

甲状腺機能低下症(こうじょうせんきのうていかしょう)

主な症状 甲状腺が腫れる,全身倦怠感,便秘,寒気,むくみ(主に顔),昏睡,成長期なのに身長が伸びない 説明 甲状腺の働きが鈍くなり、甲状腺ホルモンの分泌が低下する病気。血液中の甲状腺に対する自己抗体が原因だと考えられている。初期症状は甲状腺が腫れ、病状が進行すると他の症状が現れる。中年の女性によく見られる。 予防法・対処法・治療法 甲状腺ホルモン剤を服用する。治療の必要がない場合もある。 受診科 […]

強皮症(きょうひしょう)

主な症状 レイノー現象(手足が白くなる),むくみ(皮膚の硬化) 説明 全身の皮膚が硬くなり、内臓にも病状が現れる病気。原因は明らかになっていないが、免疫異常が関係していると考えられている。特徴的な症状は皮膚が腫れ上がり、次第に硬くなるというものである。 予防法・対処法・治療法 症状に応じた治療法を行う。主に薬物療法である。 受診科 一般内科・膠原病科・アレルギー科・皮膚科 ヴァイオレット・エヴァー […]

貨幣状湿疹(かへいじょうしっしん)

主な症状 皮疹,紅斑,水ぶくれ,かゆみ,むくみ 説明 貨幣のような丸い皮疹が出てくる病気で、細菌感染を伴っている。早期発見が重要で、患部をひっかくなどして刺激を与えると症状が悪化する場合があるので注意が必要である。 予防法・対処法・治療法 副腎皮質ホルモン剤や抗ヒスタミン剤などの薬剤を使用し、治療を行う。 受診科 皮膚科 ヴァイオレット・エヴァーガーデン1 [Blu-ray]  (277 […]

日焼け(ひやけ)

主な症状 皮膚が赤くなる,皮膚がヒリヒリする,皮膚の痛み,かゆみ,むくみ,水ぶくれ,発熱,頭痛 説明 過度に肌が日光を浴びることによって、皮膚に炎症が起きるもので、やけどの一種である。症状が軽いものであれば、皮膚がむけてきて回復に向かうが、症状が重いと発熱や水ぶくれが出てくる。 予防法・対処法・治療法 日焼けした部分をよく冷やす。症状が重い場合には、副腎皮質ホルモン剤を使用し、治療を行う。予防法と […]