病原大腸菌性食中毒(びょうげんだいちょうきんせいしょくちゅうどく)

主な症状

発熱,腹痛,吐き気,嘔吐,下痢,血便,意識障害

説明

病原体となる大腸菌が大腸や小腸に侵入する事、侵入して毒素を作る事、食品を通して食中毒の形で現れる事などにより感染する。感染経路や症状で細胞侵入 性、毒素原性、腸管出血性というように大腸菌が種類分けされる。食品を通しての感染では、集団食中毒となる場合もある。

予防法・対処法・治療法

輸液や薬物療法により治療を行う。自然治癒する場合もある。

受診科

一般内科・消化器内科・感染症科・小児科

病原大腸菌性食中毒 に関する Q & A

出典:yahoo知恵袋

病原大腸菌性食中毒に関する質問は見つかりませんでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。