腰椎後縦靭帯骨化症(ようついこうじゅうじんたいこっかしょう)

主な症状

下肢の痛み、下肢のしびれ、脱力(力が入らない)

説明

腰椎後縦靭帯骨化症では、歩行時の下肢の痛みやしびれ、脱力などが現れる。

50歳前後で発症することが多い病気。椎体骨の後縁を上下に連結し、背骨の中を縦に走る後縦靭帯が骨になった結果、脊髄の入っている脊柱管が狭くなり、脊髄や脊髄から分枝する神経根が押されて、感覚障害や運動障害などの神経症状を引き起こす病気である。

数年経っても症状が悪化しないケースが多い。しかし、中には、次第に神経障害が悪化する進行性のものがあり、手術などの治療が必要になることがある。

転倒などによる軽い外傷をきっかけに急に手足が動かしづらくなる、症状が強くなるということもあるので、注意が必要である。

予防法・対処法・治療法

固定し安静を保つ。消炎鎮痛剤や副腎皮質ホルモン剤を使用する場合もある。症状によっては手術の必要がある。

受診科

整形外科・脳神経外科

腰椎後縦靭帯骨化症 に関する Q & A

出典:yahoo知恵袋

腰椎後縦靭帯骨化症の専門医を御存知の方があれば、 教えて頂き…

腰椎後縦靭帯骨化症の専門医を御存知の方があれば、 教えて頂きたいです。 現在、愛知県名古屋市に住んでおります。 どうか宜しくお願い致します。... ...もっと読む

6年ほど前に腰椎ヘルニアと診断されました。 左足に痛みや痺れ…

6年ほど前に腰椎ヘルニアと診断されました。 左足に痛みや痺れがありその時していた仕事を二週間程休ませてもらい特に手術などはせずに自宅安静で痛み、痺れも和らいだ為仕事に復帰しました。 それからはた... ...もっと読む

突然申し訳ありません。 昨年10月中頃 地元大学病院で『…

突然申し訳ありません。 昨年10月中頃 地元大学病院で『強直性脊椎炎』の治療入院中に歩行障害が出て 同大学病院の整形外科にて『胸腰椎後縦靭帯骨化症』と診断され 昨年12月26日に手術をし... ...もっと読む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。